ミネラルファンデーションチェキ
  • ミネラルファンデーションランキング
  • ミネラルファンデーション比較

肌に優しくて使いやすい!ミネラルファンデーションちぇき > 未分類 > きれい肌を作るリキッドミネラルファンデーションあれこれ

きれい肌を作るリキッドミネラルファンデーションあれこれ

美しく見える肌は、何で決まると思いますか?
下地を選ぶことも大切なことですが、肌の色や艶やかさを決めるのは、やはりファンデーションが重要なポイントになります。
ミネラルと言えども、リキッドは、パウダータイプと違って油分が入るため、どうしても他の成分を合わせなくてはなりません。

肌に負担をかけてしまいそう、と心配になる人がいるかもしれませんが。
ちょっと、待ってください。
最近は、石油系ケミカルを除いた、ヒアルロン酸を初め、鉱石、プラセンタ、ビタミン、シルク等、潤いやハリを肌に持たせる美容成分がたっぷり含まれている、お肌に嬉しいファンデーションがたくさん出ているのです!

リキッドタイプとパウダーの違いは?

どちらのタイプも、その時の肌の状態やメイクアップをする時間、場所、目的、いわゆるTPOなどのシチュエーションを考えて選んでみましょう。
潤い感があり、つややかな雰囲気を出したい時、また、乾燥肌で油分が少しだけ欲しい時はリキッドを使うのがおススメです。
パウダータイプのミネラルファンデ(ミネラルファンデーション略)は、化粧くずれを何度も押さえるフェイスパウダーとは違い、自然な美しさが、一際きらびやかに放たれます。

リキッドの効果は、どこに表れる?

日焼けを防ぐクリーム配合の下地を利用し、日差しの強い場所などでカバー力が必要な時、などは、リキッドファンデを使えば安心です。
肌の凹凸の見た感じのフラット効果は、どうでしょうか。
一般のファンデーションに比べると、やや弱く感じるかもしれませんが、厚塗りメイクに見えることもなく、かえってナチュラルな肌に見られ好感度は上がるでしょう。

ミネラルファンデーションリキッドは、どんな成分が入っているの?

先ほどもお伝えしたようにメーカーにより含有成分、バランス量によっても違いがあります。
例えば、セラミドはお肌の乾燥を予防する、ヒアルロン酸は、ツヤハリを助ける、キメを整える植物性エキスなどを配合しているところもあります。
気になる人は、メーカーのホームページを見てみましょう。

ミネラルファンデーションリキッドのクレンジングは必要?洗顔は?

ミネラルファンデリキッドタイプは、100パーセント鉱石で作られたミネラルファンデのパウダーと違い、水だけで洗い落とすことは出来ません。
リキッドには、他の物質を混ぜ合わせるための、油分が配合されているからです。
一般のファンデーションでは、ここでクレンジングの出番となりますが、ミネラルファンデリキッドの一押しは、クレンジング剤がいらないものが多いと言うことです。

ただし、洗顔料を使うことを忘れてはいけません。
最後まで、肌に優しさを与えられる洗顔料を選ぶところまで、こだわりを持ちましょう。
花王石鹸は肌に優しい無添加と謳っています。

固形タイプ(プレストタイプ)のミネラルファンデーションのご紹介

ミネラルファンデのパウダーでもなく、リキッドでもない、固形または、プレストと呼ばれている固形型ミネラルファンデーションは、コンパクトに入った白粉をイメージすると、わかりやすいかもしれません。
成分は、ミネラルファンデパウダーと違って、鉱石100パーセントではありません。

リキッドタイプと同じように、いくつかの美容成分が含まれています。
パウダーでは何となく物足りないと言う人や、油分が多いイメージのリキッドは抵がある、と言う人にとっては、固形型プレストタイプのファンデは、ぬり心地は伸び具合も良いので、新たな満足感へとつながることでしょう。

どこのリキッドミネラルがおススメ?

80パーセントが美容成分に含まれ、洗顔料だけで落とせるようです。
おススメのリキッドファンデーションはこちらです。

リキッドミネラルファンデーションのまとめ

肌に良いと言われる美容成分も多く含まれていますが、すべてミネラルで作られているわけではありません。
どうしても肌に合わない人も出てくる可能性があります。
肌にトラブルが出た時は、いったん新しく使い始めたスキンケアやメイクを中止し、様子を見てからにしましょう。

リキッドミネラルファンデは、カバー力があり、素早く肌に浸透し伸びも良いため、最近は多くの女性たちが注目しています。
化粧品メーカーのサイトを見て、自分に合う色、ツヤ、成分を確かめながらリキッドミネラルファンデーションを見つけて選んでみましょう。