ミネラルファンデーションチェキ
  • ミネラルファンデーションランキング
  • ミネラルファンデーション比較

肌に優しくて使いやすい!ミネラルファンデーションちぇき > 商品紹介 > 自然派も納得!タイプ別おススめランキングミネラルファンデーション

自然派も納得!タイプ別おススめランキングミネラルファンデーション

店頭で販売されているファンデーションは数多くありますが、それらのラベルに貼ってある成分表を見たことがあるでしょうか?
どれにも、さまざまなものが含まれているのですが、その成分が自分の肌に良いのか効果があるのかわかりません。
ここでは、肌に刺激のある石油系界面活性剤、人口香料、着色料などの成分を除き、少しでも肌に負担をかけないミネラルを主成分として作られた最近、話題のミネラルファンデーションをご紹介しましょう。

ミネラルファンデーションのミネラルって、どんなもの?

一言でいうとミネラル(天然の鉱物)から作られたもので、主に四つの成分から出来ています。
現在、さまざまな化粧品ブランドで紹介されており、ミネラルコスメなどと呼ばれています。
・マイカ   (天然の鉱石で、肌の透明感やつや、肌のきめ細かさを出す効果があります。)
・酸化チタン(金属を酸化させたもので、紫外線散乱剤が肌への浸透をブロックし光の屈折率から肌をフラットに見せる効果があります。) 
・酸化亜鉛 (昔は、おしろいなどに使用され、酸化チタンと同じように紫外線散乱剤が含まれています。)
・酸化鉄   (鉄が酸化したもので顔料など、いろいろな化粧品に使われ、毒性はないと言われています。)

ミネラルファンデーションは、肌に良いの?

ミネラルという言葉がついていると、何だかファンデーションに栄養が入って元気なイメージを思い浮かべますが、ミネラルとは栄養素ではなく鉱物のことです。
市販されているミネラルファンデ(ミネラルファンデーション略)の中には、100パーセント主成分だけで作られたものと、主成分だけではないけれど混ぜ合わせた他成分が、ヒアルロン酸やセラミド、ビタミンなどお肌に良い保湿成分を配合したもの、又は、名ばかりのミネラルと、うたった低品質の製品まで、実は、さまざまな種類があります。

本来は、全ての肌タイプに合うように作られるべきですが、どうしてもコスメブランド、メーカーの方針で、その内容の良し悪しが決まってしまいます。
だからと言って、本物志向に位置づくミネラルファンデを見逃してしまうのは、もったいないことです。

自分の肌タイプを知っていますか?

どのスキンケアや化粧品もそうですが、自分の肌タイプに合ったものを見つけるのは、とても大切なことです。
アレルギー体質やアトピーなど、トラブルに弱い敏感肌の人、鼻の頭が光ってしまうオイリー肌、粉がふく赤みがかる、そんな悩みを持つ乾燥肌タイプ、部分的にオイリーと普通肌が混じり合った混合肌タイプなどがあります。
あなたの肌質は、どれに当てはまるでしょうか?

ミネラルファンデでは、お値段もお手頃な、トライアルキッドを販売しているブランドがいくつもあるので、数種類の製品を何回かに分けてお試ししてみるのも良いかもしれません。
また、メーカーでは、お客様の電話相談などもありますので、成分の効用や心配な肌との相性など確かめたい方は、そのようなコーナーを利用してみるのも、マイミネラルコスメを見つけるのに役立つでしょう。

ミネラルファンデーションって、どんな種類があるの?

ミネラルファンデは、粉タイプが主流ですが、リキッドタイプや固形タイプもあります。
天然素材にこだわりを持つ自然派志向の人、少しの刺激でトラブルが出やすい敏感肌の人は、パウダー系を使ってみると、良いかもしれません。
リキッドや固形型のミネラルファンデは、悪くはありませんが、主成分だけでは無理があり、どうしても他成分が入ってしまいます。

今まで使用しているのがリキッドなので、話題のミネラル配合入りのものを試してみたいと言う方、何を使っても心配のない健康な肌をお持ちの人にはおススメです。
パウダーにしても、リキッド固形型にしても、メーカーによっては、色が何種類かあるので、自分に合ったものを見つけることが出来ます。

自然な肌に見えると言うミネラルファンデのパウダーは、どんな感じ?

パウダー系のミネラルファンデの場合、専用のブラシが付いているのもあれば、別売りで購入するタイプもあります。
粉を少量、ブラシになじませ、毛穴に軽くポンポンと叩きながら押し込んでいくような感覚です。
顔の中心からTゾーン部分、両頬にかけ全体的にまんべんなくブラシを動かします。

粉浮きもせず厚塗りにも見えず、段々と輝きを持った自然な仕上がりに仕上がっていきます。
カバー力は弱いかもしれませんが、ナチュラルメイクを望む人にとっては、嬉しくなる一つになるでしょう。
口コミでも人気のミネラルファンデーションがあるサイトをご覧ください。

つけ心地が気になるミネラルファンデリキッド、固形タイプは、どんな感じ?

パウダーと比べれば、どうしても水分や他の成分を混ぜ合わせることになるので、マイナスイメージはありますが最近の研究の成果は、一般の油性に重きを置いた普通のファンデに劣らないカバー力に持続性があります。
水分が多く薄いのでは?と言うイメージを払拭し、ミネラル配合によるリキッドや固形ファンデの良さが新しく見直されることでしょう。

安いからと言って石油系ケミカル化粧品を安易に買い求めず、ミネラルと自然に近い成分をプラスした、安心のファンデを選ぶ意識改革を目指しましょう。
一日くずれない、それでいて肌にやさしいと言っているメイベリンのサイトはこちらです。
・メイベリン

ミネラルファンデパウダーの付け方を動画でわかりやすく説明しています。

・レイチェルワイン

メイク落としに、クレンジングが、いらないって本当でしょうか?

一般的にメイクは、クレンジングで落してから洗顔します。
汚れを取るため、だとしても、クレンジングは肌にとっては、とてもストレスフルなことです。
油分が含まれたクレンジングでゴシゴシ力を入れ過ぎると、バリアになっている皮脂も一緒に落としてしまうため、その時の皮膚は、とても無防備で乾燥状態になり、シワやシミの原因になります。

パウダータイプのミネラルファンデは、油分が入っていません。
クレンジングで油分の汚れを落とす必要がなければ、そのまま洗顔石鹸を使ってみましょう。
ただ、パウダーファンデの下地にコンシーラーなどを塗っている、油分を含む下地クリーム、日焼け止めなどを使用している場合は、クレンジングを使う必要があります。

ミネラルファンデーションをつけたまま眠ってしまっても大丈夫?

メーカーによっては、メイクをしたまま眠ってしまっても大丈夫です、と宣伝しているところも確かにあります。
それだけ、肌に優しいのかもしれませんが、剥がれ落ちた皮脂や空気中のホコリなどが肌に付着し、その後のスキンケアをせずに眠ってしまうことを考えると、あまり感心しません。
クレンジングを使わなくても良いのであれば、無添加の石鹸を使うなどして、肌のバリアを守りながら、使ってみるのはどうでしょうか。

ミネラルファンデーションのまとめ

ミネラルと書いてあるからと安易に化粧品を求めるのではなく、ミネラル主成分だけで作られているのか、肌質を高める保湿成分も含まれているのか、それともミネラルと名前ばかりの数パーセントも配合されていないミネラルもどきのタイプなのか、必ず自分の目で確かめてみましょう。
良い製品を見つけて自身の肌を守りながら、美しく輝きを持たせれば、一段ときれいになった自分がそこにいるはずです。